この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。世界一周から帰国!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

【イッタ気動画・NY】セントラルパークの紅葉を見ながら、アメリカの”ハチ公”へ

音的にも面白い場所でした。

 

直訳すると「中央公園」となるセントラルパーク。

ディープパープルの「深紫」と同じくらい直訳したらダメです。

 

まずは、公園の中心とも言われるベセスダ噴水からスタート

スクリーンショット 2017-11-16 22.45.37

 

 

セントラルパーク名物の馬車。

スクリーンショット 2017-11-16 22.45.53

公園で馬車という違和感は実際に見ても拭えなかった。

 

フォトウェディング。

スクリーンショット 2017-11-16 22.47.06

撮ったら怒られそうなので、避けました…

 

サックスプレイヤーの横を通る際に、持参しているマイクが活躍します。

スクリーンショット 2017-11-16 22.47.26

遠ざかっていく感じがわかるかと思います。

 

自転車の音も!

スクリーンショット 2017-11-16 22.47.56

 

 

トンネルの中でも、サックスプレイヤー。

スクリーンショット 2017-11-16 22.48.11

 

最後は、アメリカのハチ公「バルト」

スクリーンショット 2017-11-16 22.48.27

ご存知の方もいるかとは思いますが、アラスカでジフテリアが大流行した際、アメリカから犬ぞりで血清を運びました。

その距離なんと1,100キロ。

中でも最終区間を走ったのが銅像にもなっている「バルト」

どこかのカメラクルーがいたことは想定外でございました。

 

ちょうど紅葉の時期なので、緑溢れるイメージの中央公園とは違った感じを味わえるかと思います。

では、ご覧ください。


【Binaural】Central Park / Road to Balto

 

※バイノーラルマイクというマイクを使って、その場にいるような感覚を味わえるように録音しています。

音が鳴っている位置を記憶しているため、ヘッドフォンやイヤフォンで聴くのがおすすめです。お時間ある方は試してみてください。

 

明日は「ロックフェラーセンター」です。

 

本日も、貴重な時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

(リアルタイム情報はツイッターで!)