この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

日本全国の青山さんに捧げる!ジャマイカのブルーマウンテンでコーヒー飲むためにとっても苦労をした話。

日本全国の青山さんに共通する夢

 

「ブルーマウンテンを眺めながらブルーマウンテンコーヒーを飲む」

 

絵にするとこういう感じでしょう。

f:id:kanekoakihiro:20170918150726p:plain

この贅沢なコーヒーブレイクを青山さんに代わって成し遂げようと思います。

 

 

ジャマイカは車社会。

車が無いと話になりません。

なので、近所のAVISレンタカーに向かいます。

fullsizeoutput_62af

私と似ている体型からか、出会った瞬間に自然に「姉さん!」と口から出てしまったAVISのスタッフの方はとても優しかった。

 

ブルーマウンテンで遭難して餓死したらまずいのでジャマイカが誇る一大チェーン店「tastee」でフライドチキンのセットを実食。

fullsizeoutput_625b

fullsizeoutput_62ad

 

鶏の命に感謝の念を浮かべていると、目の前でナンパが!

fullsizeoutput_6230

「そこでブルマンコーヒーでも?」「いえ、結構です。」と、水出しコーヒーのようにあっさり断られていました。

 

山道に入ります。

途中、カラフルな家があったり

fullsizeoutput_612c

 

どうやったらたどり着けるのかわからない家があったりします。

fullsizeoutput_62ac

 

さらに走ること30分ほど。

UCCの農場を発見!

fullsizeoutput_628f

 

通りがかりったおじさんが「これが農場だ。ほらあそこにコーヒーが見えるだろう」と指差した方向を見ると

fullsizeoutput_623b

確かにコーヒーがありました…

 

しかし、私のイメージするのは、一面に広がるコーヒー畑。

 

見学にお金がかかるというのもあり、おじさんにごめんなさいしてさらに山を登っていきます。

 

 

さらに30分ほど車を走らせると

 

謎の施設が

fullsizeoutput_6293

おそらくコーヒーに関する極秘施設なのでしょう。

 

急な傾斜での収穫に耐えられるように自らを鍛える器具や

fullsizeoutput_6236

 

ドリップの終わりを告げる大砲もあります。

fullsizeoutput_60d7

 

迷彩柄の作業着を着た人に訪ねてみると

fullsizeoutput_6294

「この先には何もないよ」とのこと。

 

まさかの事態です。

薄々気づいていましたが、コーヒーの実で赤く染まった山肌は存在しないのです

 

 

悔しいので施設からの美しい景色を撮ります。

fullsizeoutput_6296

これがブルーマウンテンから見たジャマイカの首都キングストンの眺め。

 

下山。

 

あまりに悔しかったので、山の中腹にある「カフェ・ブルー」へ。

fullsizeoutput_62ae

 

fullsizeoutput_6241

fullsizeoutput_623f

fullsizeoutput_62a3

 

ホットとアイスを注文

fullsizeoutput_6299

fullsizeoutput_629c

 

当初の予定と若干違いますが、ブルーマウンテンでブルーマウンテンコーヒーを飲むことができました。

fullsizeoutput_62a9

 

デブの飲み物「カレー」も注文。

fullsizeoutput_62a7

スパイスとラム肉の臭みがマッチしていてこれがまた絶品!

 

言っちゃいけないかもしれませんが、コーヒーより感動しました。

 

最後にお土産にブルーマウンテンの豆を買って店を出ます。

fullsizeoutput_62a8

 

下山途中に青山に住む八木さんと会いましたが、声をかけずにそっとしてあげました。

fullsizeoutput_6290

 

 

日本全国の青山さん。ブルーマウンテンってこんな場所でした。

もし行かれたらカレーを食べてみてください!オススメです!

 

次回は「イギリスのノッティングヒルカーニバルが私には濃すぎた件」をお伝えします。