この物語はフィクションです。

きっと毎日更新!放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

【1分トリップで比べる】フィレンツェで絶対外せない大聖堂!昼と夜はどちらが美しい?

ドゥーモなんですか?ドゥオーモなんですか?

それともドォーモなんですか?

fullsizeoutput_485a

どーも。

"幸せを運ぶ子ブタ"を触る"野ブタ"です。

この鼻を触った直後にジェラートを食べたら、床に落としました。

 

今回は、イタリア・フィレンツェ観光では絶対外せない大聖堂「サンタ・マリア・デル・フィオーレ」を4K撮影して来ました。

 

フィレンツェの大聖堂

fullsizeoutput_54c3

正式名称は「サンタ・マリア・デル・フィオーレ」、日本語で「花の聖母マリア教会」の意味を持つこの大聖堂。

1296年から140年以上をかけて建設され、その大きさは全長153m、最大幅90m、高さ107mととんでもない大きさです。

様々な色の大理石を利用して作られたゴシック建築で、石積み建築のドームとしては現在でも世界最大なんだそうです。

 

そんな大聖堂の周りを1周して来ました。

しかも昼と夜で。

1分にまとめましたのでどうぞ〜!

アナタはどっち派?

 

大聖堂の目の前でハゲ音頭

fullsizeoutput_54c2

昼間の撮影を終えた時、愉快な歌が聞こえて来ます。

 

「ハ~ゲ、ハゲハゲ~♪」

 

歌の方を向いてみると、ハゲ達が歌っているではありませんか。

慌ててカメラを回します。それがこちらになります。


 実はこれはハーレークリシュナ教というインドの新興宗教の歌なんだそうです。

ハーレークリシュナ教徒は頭を剃るのがルールだそうで、だからハゲと聞こえたんですね。

 

この歌を聞き幼少の頃から「お前は血統証付きだからな!」と父親に言われたのを思い出し、将来への投資を始めました。

この日以来、毎日欠かさずマッサージしております。

 

本日も、貴重な時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

(リアルタイム情報はツイッターで!)