この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

【ベスト3】ローマで撮った4K映像を各1分にまとめました。

まずは「コロッセオ」の内側から外側にかけて

  

今日はそんなローマで撮った映像を各1分にまとめました。
その中からベスト3をご紹介。

 

3位:バチカン市国

世界一小さい国”バチカン市国”の1周を1分で。

 

昼に行って、バチカン美術館を見学するのが一般的ですが、日差しが強すぎて焼豚になる事を恐れ、夜に行くわけであります。

 

広場の真ん中から1周しているので、ほぼバチカン市国の敷地を網羅。
バチカンのライトアップ、そして”空に打ち上げる光るオモチャを売る人”など、夜にしか見れない光景をご覧ください。

 


2位:スペイン広場

ジェラートで有名になったのに、ジェラートを食べるのが禁止でお馴染みの「スペイン広場」

ローマの休日のロケ地として、世界的に有名な広場ですね。
階段に座る人の多さも世界一なのではないかと疑っております。

 

ご安心ください。
階段の段数を数えて来ましたYo。

_AKI8890

下から

 

_AKI8916

この眺めまで125段!(私の煩悩の数より少ない。)

映像は、下のバルカッチャの噴水から始まります!こちらです。


  

 

 

1位:フォロ・ロマーノ

2000年前、古代ローマの政治の中心だった場所。

 

ギリシャ人って、基本的にすっぽんぽん(スッポンポン?)なんだそうで、洗濯用洗剤のCMに出てきそうな白い布を、いい感じに着こなしてココを練り歩き、テルマエで一息ついていたということになります。

 

「この前、カエサルさんが”賽は投げられた”って言ってたけど、意味わからねぇよなぁ。一応、あの瞬間だけは盛り上がっといたけど!」

 

そんなことをギリシャ人は話していたのでしょう。

 

そして、ここまでスゴイ神殿や凱旋門を建てて繁栄したのに、一度、中世の頃に人々から忘れられ、放牧場になったこともあるそうで、羊が凱旋門に生えた草を食べていたかと思うとニヤニヤします。

 

ギリシャ人と羊たちがここに居た風景を連想しながら見ていただければと思います。




次回は「行かないと分からない!?ピサの斜塔の真実」をお送りします。