この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

ロシア「ヤキマンコ通り」から一本入ると、さらにスゴイ通りがあった【動画も】

fullsizeoutput_3a7c

ご存知かとは思いますが、モスクワには「ヤキマンコ」という名の通りがあります。

実は今回、世界一周の1カ国目にロシアを選んだのは、この通りに行きたかったからなんです。


ヤキマンコ通りって?

ヤキマンコ通りは、モスクワを代表する官庁街です。

その昔、日本大使館の候補地として、旧ソ連は「最高の土地を用意したぞ!」ということでヤキマンコの一角を提案。
しかし、日本政府は「その場所だけはマズイ!」ということで代替え地を希望し、現在に至るそうです。
イギリス大使館は、そこを黙認して、この地に大使館を建てたといいます。


とりあえず、焼いた記念、いや、焼き記念に通りを背にしてパシャリ!

fullsizeoutput_3b34

こちらが「ヤキマンコ通り」になります。
この写真を焼き増しして欲しい方は、連絡ください。

 


通り周辺を散策

f:id:kanekoakihiro:20170618062043j:plain

通りの始まりにある公園のモニュメントの拳がアレに見えました。

 

 

その向かいにはホテルがありました。

fullsizeoutput_3b24

「モスクワでは、ヤキマンコを中心に観光したい!」という人には最適なホテルですね。
私も何故このホテルにしなかったのかと後悔しております。

 

 

fullsizeoutput_3b20

領事館らしき建物を発見。

 

 

fullsizeoutput_3b1f

なんと、オマーン!
“ヤキマンコにオマーン!?!"

見た瞬間に膝から崩れ落ちました。
私では処理しきれない情報量です。

 


改めて看板をチェック。

fullsizeoutput_3b1d

 

 

すると、衝撃の事実が!

fullsizeoutput_3b1e

ヤキマンコから伸びる道”マラヤ・ヤキマンコ”
無いだろうと思っていた禁断のコラボレーション!
もう、何がなんだかわかりません。
人間の脳みその限界を知りました。
私事ですが、出産以来の衝撃です。

 


数秒〜数時間、意識不明となった私は、気がつくと、マラヤ・ヤキマンコ通りの始まりを示す看板で写真を撮っていました。

fullsizeoutput_39c8

 


この場所からマラヤ・ヤキマンコ通りを見た景色がこちら。

fullsizeoutput_3b33

(※私が見た記憶を元に、色合いを再現しています。)

 


もちろん動画も撮ってきました!

「マラヤ・ヤキマンコ通り」を恥から端まで撮った動画は世界初だと自負しております。
もちろん何かが起こるわけでもなく、誰かが焼いているわけでもありません。
ただただ、マラヤ・ヤキマンコの雰囲気を感じ取っていただければと思います。
それでは、ご覧ください。

youtu.be

最後に川にたどり着くんですね。

 

 


最後に

ホテルに帰ってから「マラヤ・ヤキマンコ」の発音をネイティブに近づけたい衝動に駆られ、フロントの方にご指導頂きました。
その一部始終がこちらになります。

soundcloud.com


正確には「ヤキマン(カ)」のようです。
正直、看板を見たあたりから気付いていましたが、そこで帰ることが一番悔しかったので、強引にやり通しました。

 

 


またまた私事ですが、今日は誕生日でございました。
誕生日にこんな記事がかけてとても嬉しく思っています。

 

今、私はおっさんから、おじさんへの階段を上っています。

完全におじさんがなったタイミングでヌード写真集を出すのが夢です。

写真集のタイトルは「∞(インフィニティ)」です。

ご期待ください。

 

本日も、貴重な時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

では、また明日!