この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

モスクワの"ボリショイ劇場"がどんな所か説明できるようになるヨ【イッタ気動画】

なんとなく記憶に残っているけども「どんなもの?」と言われると説明できない「ボリショイ劇場」

今日は、そんなボリショイ劇場のプチ情報をお送りします。

 

ちなみにHDRで写真を撮ったらすごい雰囲気になりました。

これがボリショイ劇場です。

fullsizeoutput_3b25

 

 

プチ情報

①チャイコフスキーの「白鳥の湖」が初めて行われたのがボリショイ劇場。
初公演は失敗に終わり、チャイコフスキーが凹みまくったそうです。

 

②2011年、470億円かけて行われていた修繕が終わり、こけら落とし公演に「眠れる森の美女」が上演されました。
やっぱりこれもチャイコフスキー。

 

③「ボリショイ」はロシア語で「大きい」という意味。
つまり、”ボシリョイお父さん”で「ビッグダディ」

 

④エントランスへと続く階段は7段。

fullsizeoutput_3b2a

 

⑤監視カメラは最新式

fullsizeoutput_3b2e

 

⑥演目が映し出される液晶はサムスン製

fullsizeoutput_3b31

なぜ、バンダイじゃないのか!

 

⑦デーモン閣下専用の入り口がある。

fullsizeoutput_3b2d

(※諸説あります)

 

⑧エントランス横では空を飛ぶことができる。

fullsizeoutput_3b30

(※体質によります)


アナタはいくつ知っていましたか?
8つ全部知っていたという人は、私のドッペルゲンガーだと思います。

 

では、壮大なボリショイ劇場の動画をご覧ください。

<ポイント>

・途中、テレビクルーがこちらを見て笑っています。
・その後、女の子2人組も笑ってます。
・最後は、噴水越しのボリショイ劇場。


Bolshoi Theatre in Moscow 【モスクワのボリショイ劇場】

 

 

本日も、貴重な時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

では、また明日!