この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

【イッタ気動画】世界遺産『聖ワシリイ大聖堂』の仰天エピソードに震える

モスクワの街で和食のお店を見つけました。

fullsizeoutput_38b3

“K”と”国旗”と”力”

 

国旗を「O(オー)」と読むならば「こりき」という店名になります。
長州さん、ロシアまで届くその影響力。みなさん見習いましょう。何コラ!タココラ!

 


赤の広場

さてさて、モスクワを代表する観光地といえば「赤の広場」です。

fullsizeoutput_3a54

人によっては”赤”から「血塗られた広場」と連想するかもしれませんが、実はロシア語で「赤」は「美しい」という意味があるんです。

よって「美しい広場」→「赤の広場」なんですね。

 

fullsizeoutput_3a56

 

その法則で言えば…

“赤鬼”は「美しい鬼」
“赤フン”は「美しいふんどし」
“赤ちん”は「美しいちんちん」
と、なります。

 

よかったらこの知識を今後の人生に役立ててください。

 

 

世界遺産「聖ワシリイ大聖堂」

赤の広場にある美しい建築物、世界遺産「聖ワシリイ大聖堂」です。

fullsizeoutput_39cd

テトリスのモデルになったらしいのですが、テトリスに関してはブロックの形状しか記憶に無いためにピンと来ませんでした。

 

もう一つのエピソードとしては、この大聖堂が完成した時、当時の皇帝が美しさのあまり「これ以上美しものを作らないように」と設計者を失明させたんだとか…

大聖堂の建築に関わってなくて本当に良かった。
そう思いながらこちらの動画を見ていただければと思います。


St. Basil's Cathedral / Moscow 【聖ワシリイ大聖堂】

ポイント
・赤の広場って広い!(面積は7万3,000m2)
・途中で出てくる美しい(赤い)服を着た男の子がカワイイ

 

※この動画は、バイノーラル録音というマイクを使って録音しています。音が立体的に聞こえるため行った気になれる動画になっています
ヘッドフォンやイヤフォンを付けるとより一層臨場感が増しますので、オススメです。(無しても問題無いですw)

 

 

本日も、貴重な時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

では、また明日!