この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

星野リゾート"青森屋"のマル秘スポットと、絶対逃せないイベントはコレ!

「ニギリにしますか?それともチラシにしますか?」

 

 

私はオナラが出てしまう時、このように質問して相手に選んでもらうといったことを日々実践しています。

(統計によると9割の方が怒りながらチラシを選択します。)

 

こうやって、ヘミュニケーションを大切にしている私ですが、"オナラ"と"屁"の違いに関しては一緒だと思っていました。

 

調べてみると、音がすれば"オナラ"、ガス状の気体のことを"屁"と呼ぶらしいです。

 

お尻から牛脂でした。

ややこしくなったので言い直しますと、目からウロコでした。

 

一日に何回も触れ合うのに、曖昧にしたまま生きて来たことを恥ずかしく思います。

 

そんな曖昧にして生きて来た言葉がもう一つ。

青森のお祭り"ねぶた"と"ねぷた"。

 

東北出身以外の人でこの違いを言える人は賢者だと思います。

私は、この違いを調べるため青森県にある星野リゾート"青森屋"へ向かいます。

 

 

 

星野リゾートって?

日本の名字ランキング149位の「星野」さんが社長を務める宿泊施設になります。

 

 

いざ星野リゾートへ!

気になる交通手段は新幹線!

f:id:kanekoakihiro:20170530212820j:plain

久々に新幹線に乗るので、カッコイイ写真を撮ってやろうと思ったのですが、望遠レンズを着けていたために、一部分を切り取ったマニア向けの写真となりました。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170530224236j:plain

そして八戸。"はちこ"って何のことなのでしょうか。

「◯◯こ」と付く言葉は魚卵しか知らないので、誰か教えてください。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170530212905j:plain

男って悲しいものですね。

土偶なのにおっぱいに目が行っちゃう。

よし、来世は土になろう。花を元気に育むやつ。

 

八戸の駅からバスに乗り込み青森屋へ。

f:id:kanekoakihiro:20170530233145j:plain

 

バスの車内の風景を撮影していたと思ったら到着。

 

 

今回、外観をほとんど見ることなく帰ることとなります。

 

そして客室。

f:id:kanekoakihiro:20170530212921j:plain

見事な逆光が決まります。

 

 

その後、温泉に入ったり

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170530213009j:plain

日本で唯一と言われるイカこたつに入ったり

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170530213138j:plain

せんべい汁を食べたり

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170530213046j:plainりんごの種類を出来るだけ暗記したりと、それはそれは忙しい時間を過ごしておりました。

 

 

ねぶたとねぷたは?

f:id:kanekoakihiro:20170530213231j:plain

よく聞くのが、歌舞伎風の人形の灯篭が"ねぶた"。扇型の灯篭が"ねぷた"と言いますが違うみたいです。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170530212958j:plain

ねぶた?

 

f:id:kanekoakihiro:20170530213021j:plain

ねぷた?

 

 

灯篭の写真を撮っていて仲良くなったスタッフの人に聞いてみると驚きの回答が…

 

ナント「方言」だそうです。

 

 

響きました。

「方言」と聞いた瞬間、脳裏に。

 

軽くフラフラした状態で部屋に帰ろうとすると、とんでもないモノを見てしまいます。

 

f:id:kanekoakihiro:20170530213218j:plain

あの日の床。

 

古くなった温泉施設を買い取って、リノベーションすることで新しい価値を提供する星野リゾートならではの見どころです。

さすがに非常ドアの可動部分は隠しきれなかった。

これを見に青森屋に行くのも悪くないでしょう。

 

 

この部分を見つけてからテンションが上がり、再びステージに戻ると…

f:id:kanekoakihiro:20170530213315j:plain

楽しそうなイベントが開かれています。

 

これは、スコップ三味線といい、スコップと栓抜きで津軽三味線を演奏するというモノ。

参加者は挙手制のため、私も参加します。

 

youtu.be

 

途中からヴァンヘイレンを彷彿とさせるライトハンドを織り交ぜ、スコップ三味線に新しい風を吹かせてきました。

 

f:id:kanekoakihiro:20170530213415j:plain

出場するともれなくもらえる認定証。

家宝にしようと思います。

 

 

このイベントは基本的に毎晩行われているので、青森屋に泊まるなら参加しないと損でございます。

 

 

本日も、貴重なお時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

明日は「新宿歩行者天国を端から端まで!祭りだワッショイ」をお送りします。

 

では。