この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

タイの田舎で渋滞に巻き込まれたら、ドデカイあいつのせいかもしれない件

夏を感じる季節になりました。

私みたいな体型にはきつい。

 

突然ですが、問題です。

どちらが人間でしょうか? 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232406j:plain

答え:人間はいません(ブタと仮面のみ)

 

 

「白黒にすればどんな写真もオシャレな一枚になる!」というビッグバン理論に似た独自理論を提唱している私ですが、今回のクオリティに関しては30点といったところでしょうか。

 

ちなみに、過去の20点の作例がこちら。

f:id:kanekoakihiro:20170507162306j:plain

「エネオス」

 

ただ、こちらの場合は、幹線道路沿いの大きな看板を、この角度で撮ったことを評価して頂きたい。

 

 

 

 

さて、タイの秘境"パーイ"。

別名「タイの美瑛」とも呼べる美しい田園風景が広がっている街でございます。

 

f:id:kanekoakihiro:20170521233510j:plain

青い空とよくマッチします。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232201j:plain

美味しいタイ米の産地。

10年以上前に起きた米不足でタイ米が騒がれた時、実は喜んでました。

そのくらいタイ米が好きです。

ただ、寿司は握らないで頂きたい。

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232156j:plain

お仕事中。

「上下の服のどちらかに赤を着る」というルールがある会社でしょうか。

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232209j:plain

やっぱりあります。

上手いことやって、周りよりお金を持っちゃった農家。

 

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521234014j:plain

こんな時だけシャッターを切るワイフ。

チャーミングポイントの一つです。

 

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521234131j:plain

まっすぐに続く道。

進撃の巨人だらけのボーリング大会の幹事を任されたら、この場所を貸し切ろうと思います。

 

 

 

そんな長閑な風景を堪能した私たちは、"腹減り"という怪奇現象に見舞われたため、市街地へ向かいます。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232402j:plain

テキトーに見つけたこのお店

店名に"good"が入っていたので、きっと味goodなんでしょうと。

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232241j:plain

のんびりした時間が流れます。

 

 

そして

f:id:kanekoakihiro:20170521232246j:plain

こちらのカワイイ女の子が

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232255j:plain

メニューを持って来て、説明してくれます。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170521232259j:plain

そしてオーダーも。

 

 

 

そうして、絶品だったのが

f:id:kanekoakihiro:20170521232303j:plain

オーガニック・ハーブサラダ。

タイって、実はオーガニック大国でもあるので、女性にはオススメでございます。

 

 

 

そして、もちろん頼みました!

f:id:kanekoakihiro:20170521234711j:plain

最近のブーム。イエローカレーの食後です。

一見するとパンプキンスープを思わせる写真に仕上がりました。

 

 

 

そして"お腹いっぱい"という超常現象に陥った私たちは、市街地をバイクで走ります。

すると、とんでもない渋滞が…

 

 

その先にいた犯人がコレ

f:id:kanekoakihiro:20170521232227j:plain

ショベルっち。

 

 

なぜこのショベルっちで渋滞しているかと言いますと…

f:id:kanekoakihiro:20170521232218j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170521232214j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170521232234j:plain

電線に引っかかりまくるんです。

それを手動で一本一本取り外していく。

長い棒を持った人が、あの場所に乗っていたのはそういうことだったんです。

 

もちろん、進む際には「OK!外したよ!」的な合図が出ます。

しかし、1メートルくらい進んでは「ストップ!」

 

信号が10回くらい往復するまで、全てが進めない状態になっていました。

 

タイの田舎で、突然奇妙な渋滞に出くわしたとき、ショベルっちを疑ってみてください。

 

 

本日も貴重な時間を削ってしまい申し訳ありませんでした。

全300回でお送りする予定だったパーイ特集ですが、4回目の次回で最終回となりそうです。

この場を借りてお詫びいたします。

 

では、また明日。