この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

激安!お土産に最高!タイの伝統食器"セラドン"。工房ではガン無視だけれども…

f:id:kanekoakihiro:20170510222319j:plain

タイの滞在中に「家のシーサーが盗まれたの!」という電話が母から届いたら、セラドン焼きの工房に訪れてみてください。

 

もしくは、タイの北部の都"チェンマイ"に来て「お土産、なんか良いのないかなぁ」と探している人にもオススメです。

 

 

 

セラドン焼きってお好み焼きと何が違うの?

タイ北部で700年の歴史を誇る伝統的な高級青磁器でございます。

(お好み焼きは大阪の名物。鉄板界の頂点に君臨するアレです。)

ナイトマーケットなどでも買えますが、オススメではないです。

街の中心地からバイクで30分くらい走りますが、その価値はあります。

 

 

 

セラドン焼きの工房直営店「サイアムセラドン」

日本にも同じ名前のタイ料理店がありますが、全く関係ないようです。

旧市街からバイクで30分くらい。

買う気がある方は、タクシーやソンテウで行っちゃう方がいいかも

[http://:title]

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222152j:plain

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222202j:plain

こちらが、外観。

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222210j:plain

まず最初にカウンターがあります。

買おうと思った商品はこちらで。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222308j:plain

店内はこんな感じ。かなり広いです。

 

ちなみに

f:id:kanekoakihiro:20170510224058j:plain

スマホの充電スペースは店員さんに使われているので、気をつけてください。

 

 

商品ラインナップはこちら

f:id:kanekoakihiro:20170510222238j:plain

スタンダードなセット

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222219j:plain

イメージとは違いますが、これもセラドン。ちょっと高いです。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222336j:plain

一番欲しかったのはこの壺。雨水を貯めていざという時に。

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222248j:plain

主張がすごいシーサーも。

 

 

 

中でも一番のオススメはこれ。

f:id:kanekoakihiro:20170510222228j:plain

1つ4500円ほど。ラインナップも豊富で、物欲が刺激されます。

でも、買いませんでした。

ワイフに「これはどう?」と言って持っていきましたが、夫婦間に亀裂が入るほど冷たい無視をされました。

 

 

あまりに寂しかったので、隣の建物内にある工房へ繰り出します。

f:id:kanekoakihiro:20170510222355j:plain

 

f:id:kanekoakihiro:20170510222404j:plain

みなさん、働き者すぎて、私に目もくれません。

ワイフに無視され、職人に無視され、思わず工房で泣きじゃくる所でした。

そうしたら職人たちは微笑んでくれたんでしょうか。

泣けばよかったと若干後悔しております。

 

 

すると「決まった」というワイフからの電話を受け、会計マンはレジカウンターへ走ります。

バイクで行ったので、食器を持ち帰るのは少し大変でしたが、購入した食器がこちらです。

f:id:kanekoakihiro:20170510222413j:plain

 

だいたい日本円で5000円弱。

日本では2倍から3倍するそうです。

 

 

食器の工房で無視されたい人、ぜひ行ってみてください。