この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

タイ北部の都「チェンマイ」でトリップアドバイザー人気No1のレストランの日本語マジック

マクドナルドのトップを務めるマスコットキャラ「ドナルド」は

海外では弾ける傾向にあります。

 

日本ではなかなかこの弾けっぷりは見れない。

 

 

また、旅行者は海外で弾ける傾向にあります。

カメラはそういうのを嫌い

ピントは奥のリュックに合わせるわけです。

 

 

さて、タイ北部の都"チェンマイ"

 

旅行者が使う定番アプリと言えば…

 

Line

 

それもそうですが

トリップアドバイザーというちょっと便利なアプリもあります。

 

 

そんなトリップアドバイザーで人気No1のレストラン

「Hideout」に行ってきました。

 

 

旧市街のお堀からすぐ

小道を入った所に看板はあります。

行ったことはないですが

代官山の洋菓子店を彷彿とさせる看板

 

 

外観はこれ

狭いですが、欧米の方の人気が半端ない

むしろタイ人は一人もいません。

 

 

そして着席

カフェラテもいい感じ

 

そして、このお店はサンドイッチ

 

あ、ごめんなさい。

 

サンドウィッチの名店です。

それがこちら

 

友人の分も写真を撮らせて頂いたのでこの枚数です。

「お前、撮るな!」と

言われましたが「デブだから」と言ったら納得してました。

 

文脈から外れていることを言ったのに

会話が成立したことに違和感を覚えながら口をすると

 

まいう〜

 

とは言いませんでした。

 

 

素直に「美味しい」と言いました。

 

 

もしチェンマイに行ってタイ料理に疲れたならばオススメしたい名店です。

 

そして、食を堪能したならば

再度見直して欲しいお店の特徴があります。

 

それが看板の違和感

隠し味という言葉は好きですが

隠し切ったら意味はない。

 

 

デカルトを始めとした哲学が好きな方は

行かないという選択肢はありません。