この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。現在、世界一周中!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

タイの官公庁が推すカレーラーメン屋「カオソーイ・ラムドゥアン」さらにそれを上回る近所のお店。

観光庁のホームページで、京都を紹介するページの中に「天下一品・本店」の紹介があったらさぞかしクレームの嵐でしょう。

でも、タイは違う。

個人のお店を載せちゃう。そんな国としてプッシュしちゃうお店。 

日本だったら裏でお金が動いてたりしないと実現しないレベル。

でも、そういう情報に踊らされるのも嫌いじゃないし、せっかくチェンマイで暮らしているんだから、カオソーイを食べにいきます。 

世界のどこに行っても麺は正義。

 

向かいます。 

しかし、早速バイクがパンク。借りているコンドから出て5メートルほどで。 

走ってすぐパンクってことは誰かにやられたのか…

もしくは、ワンコの"オーリィ"が夜通しタイヤと遊んでいたのかもしれない… 

そうですね、体重が重いから。その選択肢もあり得ますね。 

 

 

タイはバイク社会。街には、あちらこちらにバイク屋があります。

下手したら50m間隔レベル。

幸い、道路を渡った所に発見。 

 

バイク屋のアニキは英語がわからないようなので、ジェスチャーで伝えます。 

そう。「パン」的な。 

 

すると「そこに座ってろ」という感じのジェスチャー。 

慣れた手つきでタイヤを外していきます。 

 

でも、10秒に1回は外の道路の様子をチェックするため数秒作業が止まります。 

15分くらいでしょうか。元々付いていたタイヤを見せてくれて 

「ココがやられてたんだ!」というジェスチャー。 

 

 

そしてやっとアニキが口を開きます。

 「200バーツ!」 

お金の話はジェスチャーではなく、しっかり言葉で交わします。

結局、アニキとはお金の話しかしてない。 

 

バイク修理完了! 

 


そして有名店「カオソーイ・ラムドゥワン」

国のホームページには「カオソーイ・ラムドゥアン」とありました。 

でも店の看板には 「ア」じゃなくて「ワ」で書かれてる。

日本語に無い発音なのはわかりますが、そこは合わせて欲しかった。 

細かいこと言ってすいません。

両親A型だからかな。僕はO型だけども。 

 

 

外観はこんな感じです。 

海外で日本語の看板やメニューを見た場合は、「日本人価格」になっていたりする可能性があるので、気を引き締めて入店します。 

 

そして着席すると

はい。案の定日本語メニュー。

 

思いついたことが何点か 

 ・「イスラム風の鳥のから揚げと黄色いご飯」 

 →黄色いご飯は何で黄色くしているのか? 

 

・「カリカリ揚げの豚肉とご飯」 

 →倒置法 

 

・「カオ・ソーイ ラムドゥアン」 

 →国のHPには「ア」で書いて、看板には「ワ」メニューには「ア」。振り回しすぎ。

 

・「40〜50バーツ」

 →日本円で200円弱。安い。

 

カオソーイは、鳥、豚、牛を選べます。

そうです。私は豚です。

こちらが、カオソーイ。これがまた絶品。

スパイスの香りが引き立つスープ。

辛いけど、まろやかな辛さでダメな人にもオススメできそう。 

タイラーメンを想像して食べるとその違いに驚くと思います。 

 

そんなカオソーイをサクっと平らげます。 

タイ料理って1食が若干少なかったりするので、私のような豚DEBUとしては食べ足りない感じ。 

そこで、このお店から数分の距離にある、もう一つの名店へ。 

 


「カオソーイラムドゥアン」からバイクで2分ほどで到着「カオソーイ サムージャイ」 

「この看板が目印です!」ってどこかに書いてあったけど、タイ語が読めない日本人は同じような看板がありすぎて目印として機能しません。

 

バイクを止めると

「買い物ついでにカオソーイ食べちゃう!?」という方のバイク 

 

なんかポタポタ垂れております。

ガソリンでしょうか? 

 

いえ、イカです。

できれば早めに冷蔵庫に入れて頂きたい。 

 

そんなイカを尻目にお店に入りましょう。

とっても混んでそう。 

 

 中に入ります。 

「ラムドゥアン」の数倍混んでます。 

現地の人、外国人、共に多し。 

 

ちなみに、店の入り口には

 「サテ」というタイの焼き鳥。

忙しい時は、店の内側からも外側からも焼くんですね。効率的。

 

肝心の麺担当は、スマホ片手(いや両手)にお仕事。 

 

店の中には屋台村のような作りになってます。 

 

 

日本人、みんな大好き。カオマンガイ(チキンライス) 

 

 

そして着席。 

やっぱりあります。タイ料理屋さんに99%あると思われる調味料セット。 

これの名前知ってる人教えてください。 

 

 

そしてカオソーイ。 

実は食べる前から終わりまで動画を撮ったので、それを逆再生でお届け。 

「ラムドゥアン」よりスパイスが強めで辛いです。

揚げてある麺と茹でてある麺がいい感じにカレーにマッチします。

辛いもの中毒な私からしたらこちらの方が断然好き。 

人の入り具合からしてこっちの方が人気店です。 

チェンマイ滞在中に3回も食べに言っちゃいました。

他でも何回か食べましたが「サムージャイ」が一番美味しいですね。

 

観光庁がプッシュしてるのに、それを上回るお店ってあるんです。 

「カレーは飲み物だ」に実感できる名店。ぜひ。