読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もってかれました。

放送作家・浅井企画・ドラマー… 音楽と旅が大好きな色白です。

「髪を短くしたい!」と思ったら出家という選択肢を考えてみては?タイで出家してきました。

f:id:kanekoakihiro:20170514204314j:plain

 「短い髪は似合わない!」 

そう言われ続けて数年。

人間、ダメと言われればやりたくなる気持ちが大きくなります。

 

最初は「夏に向けてボリュームを減らしたい」くらいだった気持ちが、叩かれ過ぎて膨れ上がり、いつしか「坊主にしたい!」に変わっていました。

 

そんな2016年の春。

「タイで出家が出来る」という情報をキャッチ。

 

「これなら合法的に髪を短く出来る」と思いました。

 

 

早速、申し込みをして面接を受けます。

動機には、グーグル本社などでも実践されていて、最近大流行の「マインドフルネス」というものを学びたい。ということを伝えました。

これは嘘ではなく、本当の話。

 

 

タイ北部の街「チェンマイ」へ

日本人向け短期出家コースが開催されるのは、タイ北部の都「チェンマイ」

この街に来るのは3回目。

まず私が行ったことといえば…

f:id:kanekoakihiro:20170514204353j:plain

"長い髪"と"ゼロ髪"の中間を楽しむこと。

「クール」と一言だけしか伝えていないのにカットがはじまります。

 

 

そして仕上がりは。

f:id:kanekoakihiro:20170514204400j:plain

人生で一番キム・ジョンウン氏に近づけました。

この床屋に行って本当に良かった。

 

 

 

そして、翌日。

空港に集合し出家をするお寺に向かいます。

 

チェンマイから車で2時間ほど。

f:id:kanekoakihiro:20170514204323j:plain

 

のどかな田舎町の一角に

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204305j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514204409j:plain

お寺があります。

ここで10日間弱過ごすこととなります。

自然が多くて、最高です。

 

 

到着して、白い服に着替えます。

タイではお寺に入る時、白い服を着るという決まりがあるんです。

しかし、私の服のサイズがなかったために

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203716j:plain

浮かれました。

 

この写真が、今回の出家で最もテンションが高い瞬間になります。

どうぞ見納めください。

 

 

その後、裏の山を散策

f:id:kanekoakihiro:20170514204343j:plain

どうも、白いサモハンキンポーです。

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204334j:plain

山頂付近にある瞑想場を視察。

 

 

 

 

そして施設での過ごし方などを教えてもらってから、数日間、出家式に向けての練習を行います。

 

 

 

出家する日

午前中「得度式」という僧侶になる最初の儀式が行われます。

ここで、髪の毛を剃るわけです。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203725j:plain

庭に、信者さんが集まり、私たちはハスの葉を持って並びます。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203735j:plain

 

まずは長い髪を少し落とした後

f:id:kanekoakihiro:20170514203744j:plain

 

 

ストップが入り

「髪の毛全体にシャンプーで泡をつけてください。」という、頭皮に優しい一言が入ります。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203754j:plain

人生初の髪の毛とのお別れ。何ともいえない表情でしょう。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203806j:plain

雨が降ってきたために、屋根がある所で剃っていきます。

驚いたのが、一切カミソリ負けなどなく美しい仕上がりだったこと。

僧侶の方達のプロフェッショナルな一面が垣間見えました。

 

 

 

そして、仕上がったノーヘアの私がこちら。

f:id:kanekoakihiro:20170514203834j:plain

何がスゴイって風を感じるんです。

フェラーリが流線型の形をしてる意味がこの時わかりました。 

 

もう一枚写真を撮った時、衝撃的な事実が判明しました。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203815j:plain

後頭部がとんでもない絶壁だったんです。

拡大すると…

 

f:id:kanekoakihiro:20170514213455j:plain

「短い髪は似合わない」という意味がこの時わかりました。

 

 

出家式へ

頭を丸めた午後、大きな街にあるお寺に移動します。

f:id:kanekoakihiro:20170514203843j:plain

出家式に向けて最後の練習をした後

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203901j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514203852j:plain

蓮のつぼみを持ってお寺を3週。

信者さんたちは私たちに渡す法衣などを持って回ります。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203927j:plain

そして、法衣など僧侶に必要なものを授かる時。

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203910j:plain

欧米の方もお手伝いで来ていました。

レゲエが好きって言っていました。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203918j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514203937j:plain

信者さんは徳を積むために、このような儀式に参加します。

特に女性は僧侶になれないために、熱心な信者さんが多いんだとか。

 

 

頂いた法衣と托鉢用の入れ物を頂いて、奥の本堂へ。

f:id:kanekoakihiro:20170514203946j:plain

ここで、このお寺の僧侶の方と共に出家式を行います。

 

 

パーリ語で書かれたお経で出家を誓い、在家から僧侶へ。

f:id:kanekoakihiro:20170514204005j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514203955j:plain

僧侶は一般の人達より位が高いとのことで、一段上に座ります。

そこでお布施を頂きます。

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204133j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514204143j:plain

こうして僧侶になり、素晴らしい日々が始まります。

 

 

僧侶の生活

僧侶は227個の戒律を守って生活しなくてはいけません。

これを破ると破門だったり罰則が与えられます。

内容はというと…

  • 生き物を殺してはいけない
  • 盗んではいけない
  • 嘘をつかない
  • 女性に触れてはいけない
  • 自分で料理を作ってはいけない
  • 午後に食事をしてはいけない

              〜等々

私たちも100%僧侶なので、戒律に従った生活をするわけです。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203450j:plain

朝5時、こちらの鐘の音で起床します。

 

f:id:kanekoakihiro:20170514215905j:plain

本堂で瞑想を行った後

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204023j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514204102j:plain

街へ繰り出し

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204051j:plain

托鉢を行います。

自分達でご飯を作ってはいけないからです。

 

 

私たちが行く先には

f:id:kanekoakihiro:20170514204041j:plain

近くの住民の方が、お布施をするために待っています。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204033j:plain

こうして街を1時間ほど歩き、多くの方から施しを頂きます。

この時間がとにかく素晴らしい。心が洗われます。

 

 

 

お寺に戻って朝食

f:id:kanekoakihiro:20170514204112j:plain

托鉢で頂いた様々なタイ料理。

レストランでは決して味わえない美味しさでした。

 

 

そして、食事を終えたら片付けをして

f:id:kanekoakihiro:20170514220800j:plain

瞑想場で瞑想

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204121j:plain

時には河原で。

大自然と瞑想はすごく相性がいいです。

 

 

瞑想をしたら、午後になる前に昼食。

午後は

f:id:kanekoakihiro:20170514203549j:plain

洗濯をしたり…(ちなみに僧侶はノーパンです。)

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203558j:plain

トイレ掃除をしたり…

(このようなトイレですが、半日で慣れます。)

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204239j:plain

瞑想をします。

1日6時間以上瞑想するので、だんだんとコツみたいなものが掴めてきます。

 

 

さらに、そんなスケジュールの合間を縫って…

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204153j:plain

f:id:kanekoakihiro:20170514204202j:plain

托鉢でお布施してもらった食べ物を、近くの貧しい保育施設に届けたり…

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204255j:plain

温泉に出かけたり…

 

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204245j:plain

新日本プロレス「中西学の顔マネ」をしたり…

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203422j:plain

お寺に咲く蓮の花を眺めたり…

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204212j:plain

焚き火と共に瞑想をしたり…

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514204220j:plain

チェンマイの有名な灯篭祭り「コムローイ」を空に放ったり…

(さて問題です。右と左、どちらが私でしょう?)

 

 

 

近隣の町の水道管を作るのを手伝ったり、瞑想したり…

とても穏やかで濃い時間を過ごしたなぁと思っております。

 

 

在家に戻る日

僧侶としての生活はあっという間で、気がついたら最終日です。

夕方までいつもと同じように過ごします。

f:id:kanekoakihiro:20170514203647j:plain

最終日。体重が落ち、髪も伸びました。

意外にも絶壁は治りませんでした。

 

 

 

そして夕方。

f:id:kanekoakihiro:20170514204230j:plain

近隣の信者さんと法事。

 

 

その後、山の瞑想場へ向かいます。

f:id:kanekoakihiro:20170514203617j:plain

夕日がちょうど沈む頃

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203625j:plain

終了式が行われます。

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203637j:plain

終了の証を頂き、還俗です。

 

 

翌朝

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203656j:plain

韓国から来たリーさんと一緒に、還俗した喜びを共にして、お寺を後にします。

 

 

こうして、2016年のゴールデンウィークは出家という人生最大規模のイベントで終わりました。

髪の毛を短くしたいという願いにより絶壁が判明したこと、そして瞑想の基礎を学べたことは本当に良かった。

 

海外旅行の選択肢に出家があっても良いのではないでしょうか。

人生の中で素晴らしい時間を過ごすことができます。

 

また、仏教に関しての知識を深めたい人には、めちゃくちゃオススメです。

私は参加者の中で、最も仏教を知らない男でありました。

正直、宗教の話は苦手という意識があったことも事実です。

でも今は、少し勉強してみようかなという気持ちになっています。(まだ勉強してませんがw)

 

タイの仏教はブッダが開いた原始仏教に最も近いそうです。

僧侶として生活している間、仏教に関しての質問を先輩僧侶にしている方もいました。

 

さらにさらに、出家している期間を延ばしている人もいます。

その方は「いつか、タイのお坊さんになる」って言っていました。

 

欲を捨て、何も欲することなく、ただ良く生きる。

 

とにかく最高です!

また出家したいなぁ…

 

 

 

最後は…

とても仲良しになった韓国人のリーさんコレクションでお別れです。

f:id:kanekoakihiro:20170514203442j:plain

白黒リーさん

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203459j:plain

エレクトリックリーさん

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203520j:plain

お茶の袋と先輩僧侶とリーさん

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203541j:plain

あの日のリーさん

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203510j:plain

グラビアリーさん

 

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203531j:plain

氷室京リーさん

 

 

f:id:kanekoakihiro:20170514203705j:plain還俗後、腕を蚊に刺されたリーさん

 

 

以上です。ありがとうございました。

 

 

 

 

 =====

ブログを始めようと思い立ってから数年。

毎日書くクセがやっとついてきたので、今日、正式に公開です。

 

ブログは全くの素人です。

「こうした方がいいよ!痩せろよ!」というご意見頂けたら幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

毎日書きますよ。

あくまでも希望です…