この物語はフィクションです。

放送作家・ドラマー・色白のカネコアキヒロです。世界一周から帰国!写真と動画を交えて世界中のあんなことからあんなことをお伝えできればと思っております。恐縮です。

【閲覧注意】こんな美味いネズミは食べたことがない!ペルーの高級料理「ネズミの丸揚げ」を食す

マザー牧場の良さって、羊を見た後にジンギスカンを頂ける事だと思うんです。

fullsizeoutput_8220

こんばんわ。ペルーから”セーターを着る方”と”セーターになる方”です。

世界一周の旅も終盤に差し掛かり、アゴの肉付きだけは美食家としての振る舞いを見せていました。

そんなペルーで出会った極上の料理をご紹介。

 

高級ペルー料理ネズミの丸揚げ

“ペルー料理”と聞くとなかなか想像がつかないと思いますが、実は日本人の口に合うものが多く、簡単に肥えることが可能です。

そんな私の腹の肉の一部となった料理「クイ・チャクタード」。

日本語に直すとクイ(別名テンジクネズミ)の丸揚げ。

モザイク

これがペルーではお高い料理で、味も最高だということで、(アゴだけ)美食家としては食べないわけにいきません。

 

食べる前に…

fullsizeoutput_8069

まずやってきましたのは、クスコからほど近く、アンデス山脈の様々な動物たちを見ることができる施設。

 

なぜココに来たのかと言うと

 

皿に盛られた料理を食べて満足するのではなく、どういったものが調理されているのか、素材をこの目で見てからという食にこだわるアゴ美食家ならではのこだわりがあるからです。

 

 

入り口を抜けると日本ではほとんど見かけない毛がない犬種

fullsizeoutput_8263

「ヘアレス」がお出迎え。

 

よく見ると

fullsizeoutput_8273

モヒカン部分はアンヘアレス

 

 

続いて、アルパカよりも高級!ビクーニャ!

fullsizeoutput_8201

安倍晋三氏もペルー政府からプレゼントされたビクーニャのマフラーを身につけていました。

つまり、キングオブマフラーなヤツです。

 

とっても柔らかそうな被毛

fullsizeoutput_7fb1

優しい瞳

 

fullsizeoutput_8254

咀嚼はスライド式。

憧れます。

 

ペルーと言えばこの動物!アルパカ

fullsizeoutput_830f

The 内股

 

ご飯はリャマ達と

fullsizeoutput_829f

もちろんスライド式。

 

ホロホロ鳥

fullsizeoutput_8319

全然ホロホロしてない。

 

お待ちかね!ジュディオング!

fullsizeoutput_82b6

と思った方、残念。

コンドルです。

 

トサカを持っているのがオスで、持っていないのがメス。

fullsizeoutput_82ed

写真では伝わらないかもですが、デカイ!

 

アップにも耐えられる。

fullsizeoutput_82cd

それがコンドル。

  

そして最後、この施設に来た目的でもあるネズミ。

fullsizeoutput_8223

あら!こんなに。

 

 

fullsizeoutput_8316

カワイイ!

 

 

fullsizeoutput_82d3

美味しそう!

 

こうして「カワイイ」+「美味しそう」=「カワイソウ」というネズミへの想いを胸に施設を後にしました。

 

 

食す日

f:id:kanekoakihiro:20180104234944j:plain

「アレキパ」という街にやって来ました。

ココは「ペルーで最も美しい街」と「ネズミの丸揚げが名物の街」という二つの顔があります。

 

アレキパの街の中でも「さっきまで生きていた新鮮なネズミを揚げて提供する店」として有名なお店"La Nueva Palomino

fullsizeoutput_821c

 

中に入ると

fullsizeoutput_821e

ネズミが出なそうな店内

 

 

fullsizeoutput_7c69

揚げ場でしょうか

 

席に案内されると

fullsizeoutput_7c29

ネズミが生き返って襲ってきても大丈夫なように前掛けがおいてあります。

 

こういうのをつけると

fullsizeoutput_8375

金太郎っぽくなるのはご愛嬌

 

 

fullsizeoutput_7c6a

まずは、アレキパの地ビール「アレキパーニャ」を頼んだのにゃ。

 

 

fullsizeoutput_8225

ペルーでレストランに入るとかなりの確率で出てくるモロコシをつまみながら揚げ待ちです。

 

数十分後…

 

ついに来ました。

ネズミの丸揚げ「クイ・チャクタード」

_AKI0132

とってもカワイソウ

 

 

_AKI0133

やっぱり腹開き

 

 

fullsizeoutput_8368

付け合わせはマリネ的な~♪

 

 

fullsizeoutput_8366

横顔

 

 

正面は

fullsizeoutput_8364

ネズミ感溢れる「歯」

 

 

fullsizeoutput_8361

指の先までしっかり揚がってます。

 

 

そして実食

fullsizeoutput_837d

たい焼きは、頭から食べる派ですが、ネズミは胴から豪快に行く派です。

 

カリカリで張りがあり、鶏肉のような味。

いや、カエルっぽい味と言った方がわかりやすいかも!

 

これがビールと相性抜群!

 

気がつけばボディを平らげ

fullsizeoutput_8382

「マウスとマウス to マウス」したり

 

 

fullsizeoutput_8386

前歯と前歯「トゥース to トゥース」をしておりました。

 

そんなこんなで見事に完食です。

初めてこんな美味しいネズミを食べました。

 

このレストランでは、ネズミ一皿1700円。

前歯もしっかり残っててこの値段は破格です。

 

気分を害された方もいらっしゃると思うので、ワイフが頼んだ川エビの濃厚スープの写真を載せておきます。

fullsizeoutput_7c04

これもまた絶品!何より平和。

 

 

ということで本日は、ウォルトディズニーに食べさせたい料理ランキング1位「クイ・チャクタード」の紹介でした。

 

 

PS ペルーでは年間6500万のネズミが食べられているそうです。